ライフバル湘南は東京ガスの地域の顔として、ガスに関するワンストップサービスをご提供

TOKYO GAS LIFEVAL 東京ガスライフバル湘南
TOP ショールーム イベント情報 リフォーム ハウスメンテ 商品紹介 業務案内 ガスのご案内 会社案内 お問合せ
おすすめレシピ
  1. ライフバル湘南TOP>
  2. ショールーム>
  3. おすすめレシピ
■2010年 8月 ■2010年 9月 ■2010年10月 ■2010年12月    
■2011年 1月 ■2011年 2月 ■2011年 3月 ■2011年 4月 ■2011年 5月 ■2011年 6月
■2011年 7月 ■2011年 8月 ■2011年 9月 ■2011年10月 ■2011年11月 ■2011年12月
■2012年 1月 ■2012年 2月 ■2012年 3月 ■2012年 4月 ■2012年 5月 ■2012年 6月
■2012年 7月 ■2012年 8月 ■2012年 9月 ■2012年10月 ■2012年11月 ■2012年12月
■2013年 1月 ■2013年 2月 ■2013年 3月 ■2013年 4月 ■2013年 5月 ■2013年 6月
■2013年 7月 ■2013年 8月 ■2013年 9月 ■2013年10月 ■2013年11月 ■2013年12月
■2014年 1月 ■2014年 2月 ■2014年 3月 ■2014年 4月 ■2014年 5月 ■2014年 6月
■2014年 7月 ■2014年 8月 ■2014年 9月 ■2014年10月 ■2014年11月 ■2014年12月
■2015年 1月 ■2015年 2月 ■2015年 3月 ■2015年 4月 ■2015年 5月 ■2015年 6月
■2015年 7月 ■2015年 8月 ■2015年 9月 ■2015年10月 ■2015年11月 ■2015年12月
■2016年 1月

■2016年1月 メニュー
ソイクランベリーブレッド
豆乳の風味とクランベリーの甘酸っぱさがマッチしたやさしい味わいのパンです。
調理時間 150 分
材料(1台分)
【A】
  強力粉 120g
  薄力粉 80g
  砂糖 20g
  2g
  インスタントドライイースト 3g
【B】
  豆乳 100g
  1/2コ
  バター(食塩不使用) 20g
  クランベリー(ドライ) 40g
     
【C】
  粉砂糖 20g
  豆乳 小さじ1/2〜
     

作り方
@クランベリーは湯洗いし、水気をふいて粗く刻みます。
AボウルにAを合わせ、Bを入れてこねます。ひとまとまりになったら室温に戻したバターを加え、さらによくこねます
 (約15分)。1を加えます。
Bなめらかになったら丸めてボウルに入れ、温かいところで一次発酵させます(35℃‐約40分)。
C生地が2〜2.5倍にふくらんだら(押して指のあとがそのまま残る状態)ガス抜きをして6等分にして丸め、乾燥しないよう
 にして休ませます(約15分)。
D生地をそれぞれ25〜30cmの棒状にして結び、両端をとめます。とじ口を下にしオーブンペーパーを敷いたダッチオーブ
 ンまたはココットダッチオーブンに並べてふたをします。

Eグリル庫内を温めます。
 両面焼き水なしグリル 上・下強火 1分(予熱)
 消火したら5を入れて成形発酵させます(約30分)。

F加熱します。
 ダッチオーブン調理 加熱10〜12分 余熱15分
 HR-BV3CR-G7SS、HR-P873-SUL、 HR-BP3DR-G7SSの場合 加熱12分 余熱15分
 RN-BV3ER-X7SS、RN-BP3ER-A7SSL、RN-BP3ER-X7SS(ココットダッチオーブン)の場合 加熱10分 余熱15分

G焼き上がったらダッチオーブンまたはココットダッチオーブンから取り出し、網の上で冷まします。
HCを合わせてかけます。

アドバイス
@余熱とは、消火後そのままグリルの中に入れておくことです。ダッチオーブンは加熱後かなり熱くなるので注意して
 ください。
A豆乳…調整豆乳を使用しました。


■2015年12月 メニュー
メープルロールケーキ
シンプルなロールケーキですが、メープルの香りと味は抜群!ちょっとしたおもてなしにも使えるケーキです。
調理時間 30 分
材料(1本分(24cm×28cmのオーブン皿1枚分))
     
  2コ
  砂糖 50g
  薄力粉 50g
  牛乳 大さじ1
  バニラエッセンス 少々
     
【A】
  生クリーム 150ml
  メープルシロップ 大さじ2
【B】
  メープルシロップ 大さじ2
  熱湯 小さじ1
  メープルシュガー 適量
  アラザン 適量
     

作り方
@ボウルに卵白を入れて泡立て、砂糖を2〜3回に分けて加えながらしっかりと泡立てます。卵黄とバニラエッセンスを
  加えて混ぜます。
A表面を平らにして焼きます。
   ガス高速オーブン 180℃ 約10分
  焼き上がったら冷まします。
B薄力粉をふるい入れて混ぜ、牛乳を加えて混ぜます。型紙を敷いたオーブン皿に流し、ボウルにAを入れて、
  氷水にあてながら6〜7分立てにします。
C 2の型紙をはがし、焼き色のある面にBを混ぜ合わせてハケで含ませます。3の1/4量を全体に均一になるように塗り、
  横長にして手前から巻きます。巻き終わりを下にして、残りの3を表面に塗ります。端を切り落として、
  メープルシュガー、アラザンを飾ります。

アドバイス
@生クリームは乳脂肪が高いものほど、早く立ちます。立て過ぎに気をつけましょう。又、デコレーションをする時に、
  何度も塗り直しをしているとクリームがボソボソになるので、手早く仕上げましょう。
Aスポンジにクリームを塗って巻くときに、巻き始めをしっかり折り、芯を作ってから巻くと中心に空洞が出来ずにきれいに
  巻けます。型紙を利用して巻いて包み、冷蔵庫で少し休ませると、巻きが戻らずに仕上げやすくなります。


■2015年11月 メニュー
レンコンのチヂミ
すりおろしたレンコンに豚肉とキムチを入れて焼く韓国風のお好み焼きです。
調理時間 20 分
材料(4人分)
  レンコン 500g
  片栗粉 約大さじ1
  豚肉(薄切り) 80g
  白菜キムチ 70g
  ゴマ油 大さじ1
  万能ネギ(斜め切り) 4本
  糸唐辛子 適量
     
【たれ】
  醤油 大さじ1
  大さじ1/2
  粉唐辛子 小さじ1/2
  すりゴマ(白) 小さじ1
  ニンニク(すりおろし) 少々
     

作り方
@レンコンは皮をむき、飾り用に8枚を薄切りにします。残りはすりおろしてザルにあけ、
  軽く水気をきってから片栗粉を合わせます。
A豚肉とキムチは1cm角に切ります。すりおろした1に加えてよく混ぜます。
Bたれの材料を合わせます。
Cフライパンを熱しゴマ油を入れ、飾り用のレンコンを入並べます。その上に8等分にしたAを平らにして焼きます。
D片面が焼けたら返して万能ネギと糸唐辛子をのせます。
  両面にこんがりと焼き色がついたら、もう一度返して表面をサッと焼きます。
E皿に盛りつけ、たれを添えます。

アドバイス
@レンコンはすりおろした後、水気を軽く絞ります。水分が多いようなら片栗粉を加えてまとまりやすい硬さになるよう
  調節しましょう。
Aチヂミを焼く際、予め8等分にして手でまとめてから焼くと形がきれいに仕上がります。


■2015年10月 メニュー
パンプキンココット
かぼちゃの味をシンプルに味わえるデザートで、グリルで出来る簡単なお菓子です。
調理時間20 分 (冷ます時間は除く)
材料(4コ分 (直火用耐熱容器用・直径6cm×高さ3.5cmココット型))
  カボチャ(皮なし) 正味 200g
  バター(食塩不使用) 30g
  グラニュー糖 50g
生クリーム 30ml
粉砂糖 適宜




作り方

@カボチャは2cm角に切り、アルミホイルに包んで焼きます。
  両面焼きグリル 上・下強火 7〜8分
  片面焼きグリルの場合 アルミホイルを5cm位開けて 強火 8分、返して約5分
  竹串がスッと通るようになったら取り出して、熱いうちにつぶして冷まします。

Aボウルにバターを入れてクリーム状にし、グラニュー糖を加えてすり混ぜ、1を3回に分けて加えながら混ぜ合わせます。
  生クリームも加えて混ぜます。

B直火用耐熱容器に分け入れて表面を平らにし、焼き色がつく位まで焼きます。
  両面焼きグリル 上・下強火 約5分
  片面焼きグリルの場合 強火 約6分
  冷めたら、好みで粉砂糖をふります。

アドバイス
@カボチャはグリルで蒸し焼きにすると、甘みが凝縮してホクホクとした食感に仕上がります。
A直火用耐熱容器のココット型を使いましたが、グラタン皿でもよいでしょう。その場合は焼き時間を調節して下さい。
B型紙を使って粉砂糖ふってもよいでしょう。


■2015年9月 メニュー
簡単!グリッシーニ
グリルを使って短時間で焼き上げ、生ハムを巻いてオシャレに演出します。
調理時間20 分
材料(12本分)
  【A】
  薄力粉 150g
  ベーキングパウダー 小さじ2/3
  【B】
  小さじ1/3
  砂糖 大さじ1/2
  粉チーズ 小さじ2
 
【C】
75ml
オリーブ油 小さじ2
   
生ハム 6枚

作り方
@ボウルにAを合わせてふるい入れ、Bを加え混ぜます。合わせたCを加えてよくこねます。
Aなめらかになったら12等分にし、28cm長さに伸ばします。 [画像1]
Bグリルにアルミホイルを敷きAを並べて焼きます。 
   両面焼きグリル 上・下弱火 7分 余熱 約3分
Bに生ハムを巻き、器に盛りつけます。

アドバイス
@余熱とは加熱終了後そのままグリル内に入れておくことです。
Aグリルに敷くアルミホイルは一度丸めてから広げ、二重にすることで熱当たりが柔らかくなり、きれいに仕上がります。
B粉チーズの代わりにゴマやドライトマト、お好みのハーブを入れても良いでしょう。
Cガス高速オーブン(予熱なし)180℃―約20分でも作ることが出来ます。




画像1

■2015年8月 メニュー
ゴーヤと鶏肉のサラダ〜梅ドレッシング和え
ゴーヤの苦味と梅の酸味が効いた、さっぱりした和え物。食欲がない時にオススメです。
調理時間15 分
材料(4人分)
  ゴーヤ 1本(約200g)
  小さじ1/2
  ミョウガ 6コ
  サラダ油 少々
  鶏ムネ肉 1枚(約250g)
  小さじ1/4

【A】
梅肉 30g
砂糖 小さじ1/2
大さじ2
サラダ油   大さじ2



作り方

@ゴーヤは縦半分に切ってワタと種を取り、薄切りにします。塩もみをして水が出てきたらサッと洗って水気をしぼります。

Aミョウガは縦半分に切り、サラダ油をからめます。

B鶏ムネ肉は厚みを均一にし、アルミホイルにのせて塩と酒をふり、包みます。2と共に焼きます。
両面焼きグリル 鶏ムネ肉 上・下強火 約10分
           ミョウガ 上・下強火 約5分
冷めたら鶏ムネ肉は手でさき、ミョウガは細めに切ります。

CAを合わせて梅ドレッシングを作り、1と3を和えます。

アドバイス
@ゴーヤは独特の苦味があります。生でいただく時は、苦味の強いワタの部分をしっかりと取り除き、塩でもんでから水洗いして使うと苦味が抑えられます。


■2015年7月 メニュー
焼き枝豆
グリルで焼いた枝豆は茹でた枝豆とはまた違った食感です。豆本来の旨味が楽しめます。
調理時間10 分
材料(4人分)
  枝豆 200g
  大さじ1/2

 



作り方

@枝豆は洗って塩(分量外)をまぶし、もむようにしてうぶ毛を落としてからサッと水で流します。
[画像1]

A塩をふって、アルミホイルの上に並べてグリルで焼きます。
   両面焼きグリル 上・下強火 7分    
   片面焼グリルの場合 強火5分 全体を混ぜて2分
  [画像2]

アドバイス
@焼く時は火通りが均一になるように、枝豆がなるべく重ならないようにします。



画像1


画像2

■2015年6月 メニュー
中華風蒸しカステラ
シンプルな材料で簡単に出来る、しっとり甘いカステラです。
調理時間20 分
材料 8コ分(直径7pプリンカップ)
  薄力粉 100g
  ベーキングパウダー 小さじ1
  2コ
  砂糖 90g
  レーズン 15g
  干しアンズ 2枚
  ペーパーケース 8枚

作り方
@薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるいます。
A干しアンズは5mm角に刻みます。
Bボウルに卵を割りほぐし、砂糖を加えて泡立てます。[画像1]
C卵が白っぽくなったら@をふるい入れて混ぜます。
D型にペーパーケースをはめ込み4を分け入れます。表面にAとレーズンを散らし、コンロ調理タイマーを15分に設定して蒸します(強火)。[画像2]
 コンロ調理タイマー 15分

アドバイス
@蒸気がしっかり上がった蒸し器で蒸しましょう。金属製の蒸し器の場合は、
ふたをさらし布巾などで包んで蒸してください。蒸気が水滴になって落ちるのを
布巾が防ぎます。




画像1


画像2

■2015年5月 メニュー
厚切りフレンチトースト
厚切りのフランスパンにたっぷりの卵液を浸し、温度調節機能を使ってこんがり焼き上げます。
調理時間30 分
材料(4人分)
  フランスパン
(バゲット、バタールなど)
24cm
  3コ
  砂糖 大さじ6
  牛乳 3カップ
  バター 大さじ2
  粉砂糖、メープルシロップ 各適宜

作り方
@フランスパンは8等分の輪切りにします。
Aボウルに卵を割りほぐし、砂糖と牛乳を混ぜて@を浸します(5〜10分)。
Bフライパンにバターを入れて温度調節機能で160℃に設定し、Aの両面を焼きます。 [画像1]
C焼き上がったら器に盛りつけ、好みで粉砂糖やメープルシロップをかけます。

アドバイス
@温度調節機能を設定すると、フレンチトーストやハンバーグなどの焼き物を焦がすことなく上手に焼くことができます。
A卵液に浸す時はフランスパンを軽く押さえたり、上下を返して染み込ませます。
Bフレンチトーストの焼き時間は、片面約5分を目安にしてください。




画像1

■2015年4月 メニュー
春キャベツ&アンチョビのペペロンチーノ
春キャベツの甘さとアンチョビがベストマッチ!オイルベースのパスタです。
調理時間15 分
材料(4人分)
  キャベツ 200g
  ニンニク 1粒
  アンチョビ 20g
  赤唐辛子 3本
  オリーブ油 小さじ4
  スパゲッティーニ 250g
  適量
  コショウ(黒) 適量
  オリーブ油 大さじ1

作り方
@キャベツは3cm角に切る。 ニンニク、アンチョビはそれぞれみじん切りにする。 赤唐辛子は種を取る。
A鍋にたっぷりの湯を沸かして塩を入れ、スパゲティを茹でる。 パスタが茹で上がる2分前にキャベツを加える。 茹で上がったらザルにあげ、茹で汁は少し取っておく。
Bフライパンにオリーブ油、ニンニク、赤唐辛子を入れて焦がさないように炒める。 アンチョビを加えて炒め、パスタを入れて手早く混ぜ合わせる。
C塩、コショウ、必要なら茹で汁を入れる。オリーブ油をまわしかけて味をととのえ、盛りつける。

アドバイス
@スパゲティを茹でる際は、鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩は湯に対して1%入れましょう。



■2015年3月 メニュー
こんがり照り焼きチキンピザ
グリルで焼いたチキンと焼きのりをトッピングした和風ピザです。
ビザ釜に近いパワーを発揮するグリルならではの味わいです!
調理時間15 分
材料 (2枚分 直径約20cm)
  鶏モモ肉 大1枚
  少々
  コショウ 適量
  焼きのり 1枚
  ホールコーン(缶) 60g
  ピザ用チーズ 90g
  万能ネギ(小口切り) 2本分
  ピザ生地(冷蔵品) 2枚
[タレ]   
醤油 大さじ2
大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ2
大さじ2
片栗粉 大さじ2

作り方
@鶏モモ肉は厚みを均一にし、塩、コショウをしてグリルで焼きます。
両面焼き水なしグリル 上・下強火 8分 焼き上がったら食べやすい大きさに切ります。 [画像1]
A鍋にタレの材料を入れて火にかけ、混ぜながらとろみをつけます(中火)。半量を1にからめます。 [画像2]
Bピザ生地に残りのタレを塗り、A、ちぎった焼きのり、ホールコーン、ピザ用チーズを順にのせてグリルで焼きます。
両面焼き水なしグリル(調理プレート使用) 上・下強火 4分 焼き上がったら、器に盛りつけ、万能ネギを散らします。 [画像3]

【アドバイス】
@タレはへらで鍋底から混ぜながら火を通します。とろみが出たら手早くかき混ぜ、少し煮詰めてください。
Aピザ生地により、焼き時間が異なります。2枚目を焼くときは、グリル庫内が熱くなっていますので、焼き時間を短めにしましょう。




画像1

画像2
画像3

■2015年2月 メニュー
簡単鶏モモ肉のジューシーグリル
簡単スピード料理!グリルに入れるだけでメインと付け合わせが同時にできる、嬉しい一皿です。
調理時間15 分 (鶏モモ肉を室温に戻す時間は除く)
材料(4人分)
  鶏モモ肉 2枚
  小さじ1/2
  コショウ 少々
  アスパラガス 4本
  オリーブ油 小さじ1
  少々
  プチトマト 8コ

作り方
@鶏モモ肉は室温に戻して厚みを均一にし、塩、コショウをふります。アスパラガスはかたい所とはかまを取り、オリーブ油をまぶします。プチトマトはヘタを取ります。
A@をグリルで焼きます。
両面焼き水なしグリル 上・下強火 5〜10分
焼けたものから取り出します。 [画像1][画像2]
Bアスパラガスに塩を振り、鶏モモ肉と共に食べやすい大きさに切ります。器に盛りつけ、プチトマトを添えます。

アドバイス
@焼き時間の目安は、プチトマト5分、アスパラガス7分です。食材の状態によって変わるので、様子を見て加減すると良いでしょう。




画像1

画像2
■2015年1月 メニュー
ソイクランベリーブレッド
豆乳の風味とクランベリーの甘酸っぱさがマッチしたやさしい味わいのパンです。
調理時間150 分
材料 (4人分 8本分)
  【A】  
  強力粉 120g
  薄力粉 80g
  砂糖 20g
  2g
  インスタントドライイースト 3g
【B】  
豆乳 100g
1/2コ
バター(食塩不使用) 20g
クランベリー(ドライ) 40g
   
【C】  
粉砂糖 20g
豆乳 小さじ1/2〜

作り方
@クランベリーは湯洗いし、水気をふいて粗く刻みます。
AボウルにAを合わせ、Bを入れてこねます。ひとまとまりになったら室温に戻したバターを加え、さらによくこねます(約15分)。1を加えます。
Bなめらかになったら丸めてボウルに入れ、温かいところで一次発酵させます(35℃‐約40分)。
C生地が2〜2.5倍にふくらんだら(押して指のあとがそのまま残る状態)ガス抜きをして6等分にして丸め、乾燥しないようにして休ませます(約15分)。
D生地をそれぞれ25〜30cmの棒状にして結び、両端をとめます。とじ口を下にしオーブンペーパーを敷いたダッチオーブンまたはココットダッチオーブンに並べてふたをします。 [画像1][画像2][画像3]
Eグリル庫内を温めます。 両面焼き水なしグリル 上・下強火 1分(予熱)
消火したらDを入れて成形発酵させます(約30分)。 [画像4][画像5]
F加熱します。
ダッチオーブン調理 加熱10〜12分 余熱15分[画像6]
HR-BV3CR-G7SS、HR-P873-SUL、HR-BP3DR-G7SSの場合 加熱12分 余熱15分
RN-BV3ER-X7SS、RN-BP3ER-A7SSL、RN-BP3ER-X7SS(ココットダッチオーブン)の場合 加熱10分 余熱15分
G焼き上がったらダッチオーブンまたはココットダッチオーブンから取り出し、網の上で冷まします。
HCを合わせてかけます。

アドバイス
@余熱とは、消火後そのままグリルの中に入れておくことです。ダッチオーブンは加熱後かなり熱くなるので注意してください。
A豆乳…調整豆乳を使用しました。



画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像6
■2014年12月 メニュー
おつまみロングスティック
揚げたてはチーズがとろ〜り。生ハムの塩味が効いていて、ワインのおともにピッタリです。
調理時間20 分
材料 (4人分 (8本分)
  生ハム 4枚(約45g)
  オリーブ(黒) 8コ
  モッツァレラチーズ 60g
  オレガノ 約4枝
  春巻きの皮 8枚
  マスタード 小さじ4
[小麦粉のり]   
小麦粉 大さじ2
大さじ1  
   
揚げ油    適量    
トマトソース(市販) 適宜

作り方
@生ハムは縦半分、オリーブは輪切りにします。モッツァレラチーズは5mm角の棒状に切り、オレガノは葉を摘みます。[画像1][画像2]
A春巻きの皮を1枚ずつはがします。ひし形になるように角を手前にして置き、中央よりやや下の所にマスタードを塗って@を並べ、手前から細く巻きます。巻き終わりに小麦粉のりを塗り、しっかりと閉じます。
B揚げ油を温度調節機能で180℃に設定し、Aを揚げます。[画像3]
C皿に盛りつけ、好みでトマトソースを添えます。

アドバイス
@中に入れる具は、好みのものでかまいませんが、水分が多いものは避けましょう。皮が水分を吸って、カラッと仕上がりにくくなります。
A巻き終わりはしっかりと閉じましょう。チーズが溶け出すと見た目も悪く、油も汚れます。






画像1
画像2
画像3
■2014年11月 メニュー
帆立のグリル香りパン粉焼き
グリルを使うとおつまみ作りもスピーディーで簡単。お弁当のメニューとしても活用できます。
調理時間10分
材料 (4人分)
ホタテ 8コ
【A】
少々
コショウ 少々
白ワイン 大さじ1
【B】
パン粉(ドライ)     大さじ3
ニンニク(みじん切り) 1片
パセリ(ドライ) 小さじ1/2
オリーブ油 大さじ1

作り方
@ ホタテはAで下味をつけ、少しおきます。水気をふき取り、直火用耐熱容器にのせてグリルで焼きます。両面焼きグリル 上・下強火 約4分 [画像1]
A 合わせたBを@にのせてさらに焼きます。
  【両面焼きグリル 上・下強火 約2分】 [画像2] [画像3]

アドバイス
@ ピピッとコンロは両面焼きグリルなので返す手間もなく、上下同時に加熱するので調理時間も短縮できます。
A ホタテにBをのせてからは、パン粉に焼き色がつく位を目安に加熱します。
B 好みでレモン等を添えてもよいでしょう。




画像1

画像2
画像3

■2014年10月 メニュー
ピリッ唐鶏丼
熱々の唐揚げにコチュジャンを使った特製甘辛ダレをからませてさらに美味しく!
調理時間15分
材料 (4人分)
鶏モモ肉 2枚
小さじ1/2
コショウ 少々
シシトウ 8本
片栗粉 適量
揚げ油 適量
[A]
醤油 大さじ2
砂糖 大さじ1と1/2
コチュジャン 大さじ1
ニンニク(すりおろし) 小さじ1すりおろし
ショウガ汁 小さじ1/2
ご飯 600g
のり 1枚
プリーツレタス 適量
長ネギ 10cm

作り方
@ 鶏モモ肉は余分な脂を取り、ひと口大に切ります。塩、コショウで下味をつけます。
A シシトウは包丁の刃先で数ヶ所穴をあけます。
B 揚げ油を温度調節機能で180℃に設定し、Aを揚げます。@に片栗粉をまぶして揚げます。
C 合わせたAにBを入れてからめます。
D 長ネギは縦に切り込みを入れて芯を取り、白い部分のみをせん切りにします。水にさらしてから水気をきります。
E 器にご飯を盛り、のり、プリーツレタス、C、Dをのせます。


アドバイス
@ 鶏モモ肉は2枚で約600g使用しました。熱いうちにたれにからめると味がなじみやすくなります。
A コチュジャンはメーカーによって味が異なります。味をみて加減しましょう。




■2014年9月 メニュー
フライパン・パエリア
フライパン1つで本格的なパエリアがあっという間に。エビとアサリの旨みがたっぷり。
調理時間40 分
材料 (4人分)
  2カップ
  有頭エビ 中8尾
  アサリ 200g
  ニンニク 1片
  タマネギ 中1コ(約200g)
  プチトマト 8コ
  黄ピーマン(大) 1/2コ
  サヤインゲン 8本
  サフラン 小さじ1/3
  2カップ
  オリーブ油 大さじ3
  小さじ2/3
  コショウ 少々
  レモン(くし形切り) 4コ

作り方
@米は洗ってザルにあげ、水気をよくきります。
Aエビは背ワタを取り、足、ヒゲはキッチンバサミで切り揃え、アサリは塩水で砂抜きします。
Bニンニク、タマネギはみじん切りにします。
Cプチトマト、サヤインゲンは半分に切り、黄ピーマンは種を取り2cm位の角切りにします。
Dサフランと水は合わせておきます。
Eフライパンにオリーブ油を入れて熱し、エビの両面を焼きます。アサリを加えてふたをして蒸し焼きにし、アサリの口が開いたらエビと共に取り出します。
FEのフライパンにBを入れて炒め、タマネギが透き通ったらプチトマトを加えます。@を入れてさらに炒め、米が熱くなったらD、塩、コショウを加え混ぜ表面を平らにし、サヤインゲン、黄ピーマンを並べます。沸騰して1分位したら弱火にし、ふたをして炊きます(約15分)。
G炊き上がったらEを並べ、ふたをして蒸らします(約3分)。
H器に盛りつけ、レモンを添えます。

アドバイス
@ 直径28cmのフッ素樹脂加工のフライパンで作りやすい分量になっています。火加減に気をつけないと焦げたりしますので注意しましょう。
A サフランは長めに水につけておくと、きれいな黄色が出ます。



フライパン・パエリア
■2014年8月 メニュー
生春巻き
たっぷりの野菜とエビが、うっすらと透けて見える彩りの良い定番の生春巻きです。
サラダ感覚で、手作りのタレをつけていただきます。
調理時間20 分
材料 (4人分)
  焼き豚 60g
  エビ 8尾
  春雨 30g
  キュウリ 1/2本
  万能ネギ 4本
  サニーレタス 4枚
  ピーナッツ 15g
  ライスペーパー 大4枚
  コリアンダー 適量
  ミント 適量
[たれ]   
ニョクマム 大さじ1
大さじ1
グラニュー糖 大さじ1
大さじ1  
赤唐辛子   1本 みじん切り

準備
ボウルにたれの材料を合わせる。

作り方
@ 焼き豚は細切りにする。エビは背ワタを取って茹でる。殻をむき、厚みを半分に切る。春雨は茹でて、適当な長さに切る。キュウリはせん切り、万能ネギは3等分にする。サニーレタスは巻きやすい大きさにちぎる。ピーナッツは粗く刻む。
A ライスペーパーは水にくぐらせ、布巾の上にのせる。
B Aにエビ、コリアンダーを並べ、サニーレタスを敷き、春雨、焼き豚、キュウリ、ピーナッツ、ミントを巻いてのせる。途中で万能ネギをはさみながら巻く。
C Bを食べやすい大きさに切り、器に盛りつけてたれを添える。


アドバイス
@具の量がたっぷりとあるので、ライスペーパーにはエビとコリアンダーのみを置き、あらかじめサニーレタスに残りの具を巻き込んでから全体を巻くと、きれいに仕上がります。
A きつめに巻くことで、切った時に空洞が出来ず、食べる時にもいただきやすくなります。
B ライスペーパーは直径22cmのものを使用しました。



生春巻き
■2014年7月 メニュー
グリルde簡単ホットサンド
ホットサンドメーカーがなくても両面焼きグリルを使えば簡単にホットサンドができます。
ガスの炎で表面はカリッと中はふんわり♪
ツナコーンチーズとメープルウォールナッツの2種類を作ります。
調理時間20 分
材料 (4人分)
【A】
ツナ(缶) (小)1/2缶
ホールコーン(缶) 30g
マヨネーズ 大さじ1
スライスチーズ 4枚
バター 10g
メープルシロップ 大さじ2
クルミ(ロースト) 20g
シナモン 適量
塗り卵    適量
プチトマト 8コ

作り方
@ 食パンは耳を切り落とし、ツナとホールコーンは汁気をきってマヨネーズで和えます。
A パン2枚にスライスチーズ、合わせたA、スライスチーズの順にのせ、パンの縁に溶いた卵を塗ります。それぞれパンをかぶせてサンドします。
B 残りのパンの2枚にバターを塗り、メープルシロップ、砕いたクルミをのせてシナモンをかけます。パンの縁に溶いた卵を塗り、それぞれパンをかぶせてサンドします。[画像1]
C A、Bの四方を菜箸でしっかり押さえて閉じます。[画像2]
D グリルで焼きます。 【両面焼きグリル(調理プレートを入れて) 予熱2分 上下強火1分30秒〜2分】[画像3][画像4]
E 半分に切って器に盛り、プチトマトを添えます。


アドバイス
@ ピピッとコンロの両面焼きグリルならパンを焼いても庫内の臭いが移りません。燃焼中はパンの水分が外に出ようとするため、周囲の臭い成分はパンの中には入らず、カリッとした食感に焼き上がります。また、返す手間もいりません。
A 焼き時間は目安です。こんがりと焼き色がつくまで様子を見ながら焼きましょう。
B パンは乾燥させないように作業しましょう。パンが乾燥してしまうとパンが裂けてしまう場合があります。
C 菜箸で四方を押さえる時、両面から押さえるとはがれにくく形良く仕上がります。押し過ぎると、パンが裂けてしまうことがあるので注意しましょう。






画像1

画像2
画像3

画像4
■2014年6月 メニュー
とうふドーナツ
おやつの定番を手軽に作ります。
豆腐を混ぜ込んだ生地はもっちりとした素朴で優しい味わいです。
調理時間20 分
材料 (12コ分)
【A】
薄力粉 150g
砂糖 30g
ベーキングパウダー 小さじ1
少々
絹ごし豆腐 約100g
揚げ油 適量
グラニュー糖 適量

作り方
@ ドーナツ生地を作る
1. ボウルにAをふるい入れて混ぜ、絹ごし豆腐をくずしながら加えてよく混ぜ込みます。
2. ひとまとまりになったら棒状にのばし、12等分にします。細長くのばしてリングや花形にします。
A 揚げる
揚げ油を温度調節機能で180℃に設定し、@を揚げます。
B 仕上げる
グラニュー糖をAにまぶします。[画像1]

アドバイス
@ 花形に仕上げる場合は、20cm位にのばすとよいでしょう。
A 揚げすぎるとかたくなるので注意しましょう。
B グラニュー糖は揚げてから時間が経つとつきにくくなるので、揚げたら早めにまぶしましょう。ビニール袋を使ってまぶしてもよいでしょう。






画像1

■2014年5月 メニュー
ジャガ芋のチヂミ
表面はカリッと中はモチモチに焼き上げた韓国風お好み焼きを紹介します。
焼きたてのアツアツは絶品です。ピピッとコンロの油温度調節機能を使えば火加減はおまかせ!
調理時間30 分
材料 (4人分)
ジャガイモ 500g
白菜キムチ 100g
豚バラ肉(薄切り) 100g
【A】
醤油 大さじ1
ニンニク(すりおろし) 少々
ゴマ油 大さじ1/2
すりゴマ(白) 小さじ1 
枝豆 150g
少々 
片栗粉 適量
ゴマ油 適量
糸唐辛子 適量
  【B】
醤油 大さじ1
大さじ1/2
ニンニク(すりおろし) 少々 
すりゴマ(白) 大さじ1/2
長ネギ(みじん切り) 大さじ1/2

作り方
@ ジャガイモは皮をむいてすりおろし、ザルにあげて水分と分けます。水分はしばらくおいて上澄みを捨て、残ったでん粉をすりおろしたジャガイモに合わせます。[画像1]
A 白菜キムチ、豚バラ肉は1cm幅に切り、豚バラ肉はAをもみ込みます。枝豆は塩茹でにしてサヤから取り出します。
B @にA、塩を入れて混ぜ合わせ、片栗粉でかたさを調節します。8等分にして平らにします。
Cフライパンにゴマ油を入れて温度調節機能で160℃に設定し、Bを焼きます。糸唐辛子をのせて焼き色がついたら裏返し、両面をこんがりと焼きます。 [画像2]
D Cを器に盛りつけて、合わせたBを添えます。

アドバイス
@ すりおろしたジャガイモは、ザルにあげて自然に水分がきれた状態で使います。
A 白菜キムチは軽く水分を絞って使いましょう。






画像1
画像2

■2014年4月 メニュー
ササミの梅ジソフライ
ササミに梅肉とシソをはさんでフライにします。お弁当のおかずにもピッタリです。
調理時間15 分 (冷ます時間は除く)
材料 (4人分)
鶏ササミ 4本(約280g)
【A】
小さじ1/4
小さじ2
梅肉 30g
青ジソ 4枚
【衣】
小麦粉 大さじ2
1/2コ
パン粉(ドライ) 20g
揚げ油 適量
青ジソ 適量
プチトマト 8コ

作り方
@ 鶏ササミは、厚みが半分になるように横から切り込みを入れて開き、Aをふってしばらくおきます。[画像1]

A @の切り込みに梅肉を塗り、縦半分に切った青ジソをはさみます。
B 揚げ油を温度調節機能で180℃に設定し、Aに衣を順につけて揚げます。[画像2]
C 食べやすい大きさに切って皿に盛りつけ、青ジソ、プチトマトを添えます。


アドバイス
@ 温度管理の難しい揚げ物もピピッとコンロの温度調節機能を使うと、油の温度を保ってくれるので便利です。
A 梅肉は塩分12%のものを使用しました。塩分によって量を加減しましょう。梅干しの種を取ってペースト状にして使ってもよいでしょう。






画像1
画像2
■2014年3月 メニュー
三色の小さな白玉〜桜風味シロップ〜
ピンク、緑、白の三色の白玉を、春を感じさせる桜の花で風味をつけたシロップで頂きます。
調理時間20 分 (冷ます時間は除く)
材料 (4人分)
  桜の花の塩漬け 12輪
  【A】  
  300ml
  砂糖 50g
  ≪三色白玉≫  
  【白】  
  白玉粉 30g
  約25ml
  【ピンク】  
  白玉粉 30g
  イチゴ 2コ(約30g)
  【緑】  
  白玉粉 30g
  抹茶 小さじ1/4
  約25ml

作り方
@ 桜の花の塩漬けはサッと洗って、30分程水につけて塩抜きをします。
A 鍋にAを入れて火にかけ、砂糖を溶かしてひと煮立ちさせ、火を止めます。水気をしぼった@を加えてそのまま冷まします。
B 三色白玉(白、ピンク、緑)を作ります。
[白]  白玉粉に水を少しずつ加えて練ります。
[ピンク] 白玉粉につぶしたイチゴを加えて練ります。
[緑] 白玉粉をつぶしながら抹茶を混ぜ合わせ、水を少しずつ加えて練ります。
C それぞれ8コずつ丸めて沸騰した湯で茹でます。浮いてきたら、さらに2〜3分茹でて冷水に取ります。
D 器に3を入れて2を注ぎます。


アドバイス
@ シロップの桜の花は、塩抜きしすぎると風味や香りが薄くなるので注意してください。
A 三色白玉は、水分を加減しながら耳たぶ位のかたさになるように練ります。ピンクの白玉がかたい時は、水で加減しても良いでしょう。やわらかくし過ぎた場合は、乾いた布巾やクッキングペーパーなどで包むと余分な水分が取れます。


■2014年2月 メニュー
フロランタン
キャラメルをからめたアーモンドとクッキーの組み合わせが美味しい伝統的なお菓子を、両面焼きグリルで作ります。
調理時間25 分(生地をねかせる時間は除く)
材料 1台分 (10×15p)
  バター(食塩不使用) 25g
  砂糖 25g
  10g
  薄力粉 50g
  【A】
  砂糖 40g
  バター(食塩不使用) 25g
  ハチミツ 15g
  生クリーム 15g
     
  アーモンドスライス(ロースト) 40g
  アルミホイル 25×30p

作り方
@ ボウルにバターを入れて室温に戻してクリーム状にします。砂糖を数回に分けて加えてすり混ぜ、卵を加え混ぜます。
A 薄力粉をふるい入れて混ぜ、ひとまとめにします。ラップに包んで冷蔵庫でねかせます(約30分)。
B Aを10×15cmに伸ばし、全体にフォークで穴をあけます。アルミホイルを半分に折って二重にし表面にサラダ油(分量外)を薄く塗り、生地を中央にのせます。四辺を立ち上げて高さ1.5cmで外側に折り返します。調理プレートにのせて焼きます。
【両面焼きグリル(調理プレート使用) 上・下弱火 4〜5分】
そのまま庫内に約5分入れておきます。
[画像1]
[画像2]
C Aを鍋に入れて中火にかけ、鍋をまわしながら薄く色づくまで煮詰めます。火を止めてアーモンドスライスを加えてからめます。
D BにCを流して手早く広げ、再び焼きます。
【両面焼きグリル(調理プレート使用) 上・下弱火 3分】
そのまま庫内に約10分入れておきます。
[画像3]
[画像4]
E 取り出して、粗熱が取れたら切り分けます。


アドバイス
@ 両面焼きグリルは魚や肉、野菜だけでなくお菓子も焼け、ミニオーブン感覚で使えます。
A フロランタンとは「フィレンツェ」という意味で、イタリアのメディチ家の娘がフランスにお嫁に行く時に伝わったと言われています。クッキー生地にキャラメルをからめたナッツをのせて焼き上げたフランスの伝統的なお菓子です。
B アーモンドスライスのローストはフライパンで中〜弱火で焦がさないように乾煎りするとよいでしょう。ガス高速オーブン(160℃-約10分)でローストしてもよいでしょう。
C クッキー生地はねかせた後、麺棒で押して手早くひとまとめにしてから伸ばすときれいに仕上がります。生地は薄く色がつくまで焼きます。
D キャラメルを作る時にかき混ぜると、砂糖が再結晶化してジャリジャリとした食感になる事があるので、鍋をゆらしながら煮詰めます。流した後は、表面の色が茶色くなる位まで焼きましょう。冷めると、キャラメルが固くなって切りにくくなるので粗熱がとれたら切りましょう。




画像1
画像2

画像3

画像4
■2014年1月 メニュー
お餅の揚げ出し風
お餅をカリッと揚げてひと味違った仕上げにします。
揚げる温度が違う素材も、温度調節機能を使えば簡単に適した温度で揚げることが出来ます。
調理時間15 分
材料 (4人分)
  切り餅 4コ
  片栗粉 約大さじ1
  シシトウ 8本
  ニンジン 適量
  揚げ油 適量
  大根おろし 150g
  ショウガ(すりおろし) 10g
  めんつゆ(市販品) 150ml

作り方
@ 切り餅は2cm角に切り、片栗粉をまぶします。
A シシトウは、包丁の刃先で数ヶ所に穴をあけます。ニンジンは、3〜4mm厚さの輪切りにして型で抜きます。【画像1】
B 揚げ油を温度調節機能で180℃に設定してAを揚げます。
C 揚げ油を温度調節機能で200℃に設定して@を揚げます。【画像2】
D 器に3、4を盛りつけ、大根おろしと、ショウガを添えて、温めためんつゆをかけます。


アドバイス
@ 温度調節機能つきなので、設定温度にセットして押すだけで自動的に油の温度を保ち揚げ物をカラリと仕上げます。
A めんつゆはストレートタイプのものを使用しました。
B ニンジンの型はいちょうともみじを使いました。型抜きがない場合はいちょう切りでもよいでしょう。
C 切り餅は、竹串で刺してやわらかくなっていれば揚げ上がりです。揚げ過ぎないように注意しましょう。




画像1
画像2
■2013年12月 メニュー
かぼちゃとそらまめのクリームチーズサラダ
グリルで焼いたかぼちゃとそらまめは、旨みがぎゅっと詰まり、ホクホクに仕上がります。
調理時間25 分
材料 (4人分)
  カボチャ 250g
  ソラマメ(サヤつき) 8本
  ホタテ(缶) 60g
  クリームチーズ 60g
  ホタテ缶汁 大さじ2
  白ワイン 大さじ1
  少々
  コショウ 少々
  レタス 適量

作り方
@ カボチャは1cm厚さのくし形切りにし、ソラマメ(サヤのまま)と共にグリルで焼きます。
【両面焼きグリル 上・下強火 約10分】
【片面焼きグリルの場合 強火5分 返して約5分】
A 焼き上がったら冷まし、カボチャはひと口大に切り、ソラマメはサヤから出して皮をむきます。
B ホタテはほぐします。
C クリームチーズをやわらげ、ホタテ缶汁と白ワインを加えて塩、コショウをし、味をととのえます。
D CでBとAを和え、レタスと共に盛ります。


アドバイス
カボチャは切った厚さによって焼き時間が異なります。串を刺してみてスッと通れば焼き上がりです。


■2013年11月 メニュー
グリルdeスイートポテト
グリルを使って手軽にお菓子が作れます。
サツマイモをグリルで「焼き芋」にしてスイートポテトを作ります。
調理時間30 分
材料 8コ分 (底の直径3cmアルミケース)
  サツマイモ 小1本(約150g)
  【A】  
  バター 15g
  砂糖 大さじ2
  卵黄 1コ分
  牛乳 小さじ2
  ラム酒 小さじ1

作り方
@ サツマイモはアルミホイルに包んでグリルで焼きます。
【両面焼きグリル 上・下強火 約15分】
A Aが焼き上がったら皮をむいてボウルに入れ(約100g)、熱いうちにマッシャーでつぶしてAを混ぜます。
B 星口金をつけた絞り袋に2を入れ、アルミケースに絞ってグリルで焼きます。
【両面焼きグリル 上・下強火 約2分】


アドバイス
@ サツマイモは細めのものを選びましょう。太い場合は縦半分に切り、アルミホイルで包んで切り口を上にして焼くと良いでしょう。
A サツマイモは熱いうちにつぶします。裏漉しをするとよりなめらかに仕上がります。砂糖の量はサツマイモの甘さによって加減して下さい。


■2013年10月 メニュー
ニンニク風味の中華風秋刀魚
香ばしく焼いたサンマにニンニク風味の甘酢醤油をかけた、ご飯のすすむ一品です。
調理時間20 分
材料 4人分
  サンマ 4尾(1尾約150g)
  【A】  
  醤油 大さじ2
  ニンニク(すりおろし) 1片
  ゴマ油 大さじ1
  ニンニク(薄切り) 1粒
  【B】  
  砂糖 大さじ1
  大さじ2
  醤油 大さじ2
  唐辛子(小口切り) 1本
  ダイコン(せん切り) 150g
  香菜 適量

作り方
@ サンマは頭を落として4〜5等分の筒切りにし、ワタを除いて水洗いして水気をふきます。Aに10分程漬け込みます。
A Aをグリルで焼きます。
  【両面焼きグリル 上・下強火 5〜8分】
  【片面焼きグリルの場合 予熱5分 強火4分 返して約4分】
B 鍋にゴマ油とニンニクを入れ、弱火でニンニクがきつね色になるまで炒めて取り出します。
C Bの鍋にBを入れて熱します。
D 器にダイコンと香菜を盛りつけて2をのせます。熱々の4をかけ、3を散らします。


アドバイス
サンマを筒切りにする時は頭を全部切り落とさずに腹側を少し残し、頭と一緒に内臓を引っ張り出します。
抜けない時は菜箸などで内臓を押し出すとよいでしょう。


■2013年9月 メニュー
海老と蓮根のミニ春巻き
油温度調節機能を使ってパリッと揚げた春巻きは、エビとレンコンのそれぞれの食感が楽しめます。
食べやすいミニサイズで仕上げます。
調理時間30 分
材料 4人分
  エビ 200g
  レンコン 50g
  香菜 適量
  小さじ1/4
  【A】  
  砂糖 小さじ1/2
  コショウ 少々
  小さじ1/2
  片栗粉 小さじ1
  ゴマ油 大さじ1
  春巻きの皮 4枚
     
  【B】  
  小麦粉 大さじ1
  小さじ2
  揚げ油 適量
  花椒塩 適宜

作り方
@ エビは背ワタと殻を取って洗います。
A レンコンは粗みじん切りにして水にさらし、水気をきります。香菜は粗みじん切りにします。
B @を粗くたたき、ボウルに入れて塩を加えよく練ります。Aを順に加えて混ぜ、Aを合わせます。
C 春巻きの皮は1枚を十文字の4等分に切ります。手前にBをのせ、両端と巻き終わりにBを塗って巻き、巻き終わりと両端を押さえます。
D 揚げ油を温度調節機能で180℃に設定してCを揚げます。 [画像A]
E Dを器に盛りつけ、好みで花椒塩を添えます。


アドバイス
@ 温度調節機能は、自動的に強火と弱火を繰り返して設定温度を保つので、揚げ物がカラリと揚がります。
A 具を巻く時に空気が入ると、揚げている途中で破裂する原因になるので空気を抜いて押さえましょう。


@

A
■2013年8月 メニュー
トマトとモッツァレラのグリル〜バジル風味〜
グリルで焼いて甘味の増したトマトととろ〜り溶けたモッツァレラチーズが良く合う、手軽にできる一品です。
調理時間15 分
材料 6人分
  トマト(完熟) 中3コ
  モッツァレラチーズ 250g
  オリーブ油 適量
  バジル 12枚
  岩塩 適量
  コショウ 適量
     

作り方
@ トマトはヘタを取って横半分に切ります。モッツァレラチーズはスライスします。
A 直火用耐熱容器にトマトを並べ、オリーブ油をかけてグリルで焼きます。
【両面焼きグリル 上・下強火 約10分】
【片面焼きグリルの場合 強火5分 返して約5分】
B Aに半量のバジル、モッツァレラチーズをのせてさらにグリルで焼きます。
【両面焼きグリル 上・下強火 約2分】
【片面焼きグリルの場合 強火約2分】
C 焼き上がったら岩塩、コショウをふって残りのバジルを飾ります。
アドバイス
オリーブ油の量は大さじ1/2が目安です。



■2013年7月 メニュー
ゴーヤと鶏肉のサラダ〜梅ドレッシング和え
ゴーヤの苦味と梅の酸味が効いた、さっぱりした和え物。食欲がない時にオススメです。
調理時間15 分
材料 4人分 (直火用耐熱容器直径8cm×高さ4cm)
  ゴーヤ 1本(約200g)
  小さじ1/2
  ミョウガ 6コ
  サラダ油 少々
  鶏ムネ肉 1枚(約250g)
  小さじ1/4
  大さじ1/2
  【A】  
  梅肉 30g
  砂糖 小さじ1/2
  大さじ2
  サラダ油 大さじ2

作り方
@ ゴーヤは縦半分に切ってワタと種を取り、薄切りにします。塩もみをして水が出てきたらサッと洗って水気をしぼります。
A ミョウガは縦半分に切り、サラダ油をからめます。 B 鶏ムネ肉は厚みを均一にし、アルミホイルにのせて塩と酒をふり、包みます。2と共に焼きます。
【両面焼きグリル 鶏ムネ肉 上・下強火 約10分】
【両面焼きグリル ミョウガ 上・下強火 約5分】
冷めたら鶏ムネ肉は手でさき、ミョウガは細めに切ります。
C Aを合わせて梅ドレッシングを作り、@とBを和えます。

アドバイス
ゴーヤは独特の苦味があります。生でいただく時は、苦味の強いワタの部分をしっかりと取り除き、塩でもんでから水洗いして使うと苦味が抑えられます。



■2013年6月 メニュー
タコときのこのエスカルゴ風
バターとニンニクの香ばしい香りが食欲をそそる、ワインにもよく合う一品です。
調理時間15分
材料 4人分 (直火用耐熱容器直径8cm×高さ4cm)
  茹でダコ 200g
  少々
  コショウ 少々
  白ワイン 小さじ1/2
  エリンギ 100g
  バター 50g
  【A】  
  ニンニク(みじん切り) 小1粒分
  パセリ(みじん切り) 小さじ1
  パン粉 10g
  パルメザンチーズ 小さじ1
  バゲット 8枚(1cm厚さ)

作り方
@ 茹でダコは乱切りにして塩、コショウ、白ワインをふります。エリンギは1.5cm角に切ります。
A ボウルに室温に戻したバターとAを混ぜます。
B 直火用耐熱容器に@を入れ、Aを全体を覆うようにのせます。
C バケットをグリルで焼きます。
【両面焼きグリル(調理プレート使用) 予熱2分 上・下強火 約2分】
D Bをグリルで焼きます。
両面焼きグリル 上・下強火 約6分
E バケットにDをのせていただきます。

アドバイス
茹でダコやキノコは焼き縮みをするので、少し大きめに切りましょう。



■2013年5月 メニュー
砂肝の中華風しぐれ煮
ピリッとした辛さがお酒にも良く合います。砂肝のコリコリした食感がクセになります。
調理時間10 分
材料 4人分
  砂肝 400g
  400g 5cm
     
  【A】  
大さじ2
  ショウガ(せん切り) 2片
     
  【B】  
  砂糖 大さじ1
  醤油 大さじ1
  オイスターソース 大さじ1
  豆板醤 小さじ1/2
  ゴマ油 小さじ2
     

作り方
@ 砂肝は筋膜をそぎ取り、ひと口大に切ってサッと茹でます。長ネギは芯を除いてせん切りにし、水にさらして白髪ネギにします。
A 鍋に砂肝とAを合わせて炒りつけ、Bを加えて中火で煮ます。
B 煮汁がほとんどなくなったら、ゴマ油をまわしかけ、強火にして煮からめツヤ良く仕上げます。
C 器にBを盛りつけ、水気をきった白髪ネギを飾ります。
アドバイス
@ 砂肝の白い部分が筋膜です。包丁をねかせてそぎ取るようにするとよいでしょう。砂肝をサッと茹でることで生臭みと水っぽさが取れます。さらに酒とショウガで炒りつけることによって、いただきやすくなります。
A 豆板醤の量を加減して好みの辛さに仕上げると良いでしょう。
B 保存期間は冷蔵庫に入れて3〜4日ぐらいを目安にして下さい。



■2013年4月 メニュー
ザーサイ入り揚げワンタン
味つきのザーサイを使うので材料も少なくてとても簡単です。揚げたてに好みの調味料を添え、自分好みのおつまみに。
調理時間20 分
材料 24コ分
ザーサイ(味つき) 30g
  長ネギ 1/4本
豚ひき肉 100g
少々
  コショウ 少々
  ワンタンの皮 24枚
  香菜 適宜
  豆板醤 適宜
  黒酢 適宜
   
     
     
     
     
     
     

作り方
@ ザーサイと長ネギは、みじん切りにします。
A ボウルに豚ひき肉、塩、コショウを入れてよく混ぜ、@を加えて混ぜ合わせます。
B 24等分にしてワンタンの皮にのせます。ワンタンの皮の合わせ目に水をつけて閉じます。
C 油温度調節機能を180℃に設定し、Bを揚げます。
D 器に盛りつけて好みで香菜、豆板醤、黒酢をつけていただきます。
アドバイス
ワンタンは包み方を変えて、いろいろとバリエーションを楽しむことができます。



■2013年3月 メニュー
胡桃粘糖(フータオヂャンタン)〜鉄観音の香り〜
少ない材料で手軽に作れるクルミの砂糖がらめに、鉄観音の香りをつけました。
調理時間 5 分
材料 4人分
【A】  
  グラニュー糖 50g
20g
クルミ(おつまみ用) 100g
  鉄観音茶(茶葉) 4g
     
     
     
     
     
     

作り方
@ 鉄観音茶は粗く刻みます。
A 小さめの鍋にAを入れて火にかけます(中火)。グラニュー糖が溶けてフツフツと小さな泡が立ってきたら、粘りが出てくるまで煮詰めて火からおろします。
B Aにクルミと@を加えて混ぜ、からめます。砂糖が白く固まってきたら、バットなどに広げて乾かします。
アドバイス
@ グラニュー糖と煮詰める時は焦げないよう火加減に注意しましょう。厚手の鍋を使うと、熱の伝わりがやわらかく、焦げにくくなります。煮詰める目安は、菜箸など2本に少量つけて、引き離した時、糸が引くようになるくらいが丁度良いです。
A クルミと茶葉は必ず火からおろしてから加えましょう。絶えず混ぜながらみつの温度を下げることで、砂糖が結晶化し、白っぽく固まってクルミに均一にからみます。
B 出来上がったら完全に冷まし、しっかり乾燥させます。密閉容器に入れ、湿気らないようにすると1週間ほど保存出来ます。



■2013年2月 メニュー
クイックバナナブレッド
イーストを使わずに混ぜるだけ! 熟したバナナを使うと、さらに美味しく仕上がります。
朝食やおやつにもおすすめです。
調理時間 50分
材料 1台分(パウンド型底面20×6.5×5cm)
  バナナ 200g(約2本)
  レモン汁 小さじ2
     
  【A】  
  薄力粉 120g
  ベーキングパウダー 5g
  小さじ1/6
  シナモン 小さじ1/3
  1コ
  砂糖 80g
  バター(食塩不使用) 30g
  ピーカンナッツ 30g
  ピーカンナッツ(飾り用) 6コ

準備
@ ピーカンナッツはローストし、30gは刻みます。
【ガス高速オーブン(予熱なし) 160℃ 約10分】
A Aは合わせます。
作り方
@ バナナは皮をむいて粗くつぶし、レモン汁をかけます。
A ボウルに卵を割りほぐし、砂糖を加え混ぜます。
B Aに溶かしたバターを加え混ぜ、1、Aをふるい入れて混ぜ合わせます。
B Cに刻んだピーカンナッツを加え混ぜ、パウンド型に流して飾り用のピーカンナッツをのせて焼きます。
【ガス高速オーブン(予熱なし) 170℃ 約40分】



■2013年1月 メニュー
土鍋かきごはん
かきの旨みと生姜を加えて土鍋で炊き上げました。冬ならではの炊き込みご飯です。
調理時間 40 分 (米の浸水時間を除く)
材料(4人分)
  カキ(むき身加熱用) 350g
  100ml
  3カップ
  カキの煮汁+水 720ml
  昆布 10cm
  【A】  
  小さじ1
  醤油  小さじ2
  ショウガ(せん切り) 30g
  ミツバ 適量

作り方
@ カキは塩水(分量外)で洗い、最後は真水ですすぎ水気をきります。
A 鍋に1、酒を入れ強火にかけ、カキがふっくらしたらザルにあげます。
B 煮汁は漉して水と合わせます。
C 米は洗ってザルにあげて水気をきり、土鍋に入れて3と昆布を加えて約30分以上おきます。
D CにAを加えて軽く混ぜてショウガを散らし、2のカキをのせて炊きます。沸騰までは強火、沸騰したら蒸気が少し出ている位の弱火にして15分たったら火を止め、蒸らします(約10分)。軽く混ぜて器に盛り、ざく切りにしたミツバを散らします。
アドバイス(ワンポイント)
炊く時は、沸騰するまでの時間は約10分が目安です。沸騰までが短時間では美味しく炊きあがりません。



■2012年12月 メニュー
クリスマスツリーケーキ
簡単に出来る可愛いケーキ!シートで焼いたスポンジを切って積み上げ、クリスマスツリーに見立てます。
材料(2台分)
  3個
  砂糖 80g 
  バニラエッセンス 少々
  薄力粉 80g
  牛乳 大さじ1
     
  【A】  
  砂糖 大さじ3
  水  大さじ5
  キルシュワッサー 大さじ1
  【B】  
  生クリーム 200ml
  コンデンスミルク 50g
   
  いちご 12個
  アラザン 適量
  ミント 適量

作り方
@ スポンジを作ります。
ボウルに卵白を入れて泡立て、砂糖を2〜3回に分けて加えながらしっかりと泡立てます。卵黄とバニラエッセンスを加えて混ぜます。
A 薄力粉をふるい入れて混ぜ、牛乳を加えて混ぜます。型紙を敷いたオーブン皿(24×28cm)に流し、表面を平らにして焼きます。 【ガス高速オーブン(予熱あり)180℃ 約10分】 焼きあがったら冷まします。
B シロップを作ります。
鍋にAを入れて火にかけ、砂糖が溶けたら火を止めます。冷めたらキルシュワッサーを加えます。
C ボウルにBを入れて氷水にあてながら泡立てます。5〜6分立てにして約大さじ4を取ります。残りをさらに泡立て7〜8分立てにします。
D 仕上げます。
スポンジの型紙をはがし、端を切り落とします。ツリーの土台になるスポンジ(10cm×10cm)を2枚取ります。それよりも少し小さい(中)サイズのスポンジを2枚、(小)サイズのスポンジを2枚、イチゴが1粒のる程度の最小サイズのスポンジを2枚取ります(合計8枚)。焼き色がついていない面にBをハケで含ませます。
E (大)サイズのスポンジに7〜8分立てのクリームを適量のせ、ヘタを取って縦半分に切ったいちごを外向きにスポンジから見えるように置き、クリームをのせます。(中)サイズのスポンジ、(小)サイズのスポンジ、最小のスポンジと同じように重ねます。1番上の段にヘタを取ったいちごを飾り、5〜6分立てのクリームをとろりとかけてアラザン、ミントで飾りつけます。同様にもう1台作ります。
アドバイス(ワンポイント)
@ スポンジを重ねる際はバランスを考えていちごの数を変えましょう。
A いちごの上にクリームを少しのせると安定が良いです。



■2012年11月 メニュー
コチュジャン風味のいか大根
いかと大根にコチュジャンがよく合った煮物です。ご飯のおかずにもお酒のおつまみにもぴったりな一品です。
材料(6人分)
  大根 600g
  米のとぎ汁 適量
  3カップ
  昆布 10cm
  いか 中2杯(1杯約350g)
  いかのワタ 30g(1〜2杯分)
  みりん 大さじ1
  1/3カップ
  砂糖 大さじ2
  【A】 大さじ2〜3
  コチュジャン 大さじ2
  醤油
   
  長ねぎ 10cm
  糸唐辛子 適量

作り方
@ 鍋に分量の水を入れ、昆布をつけておきます。
A 大根は皮をむき、1.5cm厚さの半月切りにします。米のとぎ汁でかために茹でて、水洗いします。
B いかはワタとともに足を抜き、胴は軟骨をはずして洗い、1.5cm幅の輪切りにします。足は2本ずつに切り分けて長いものは半分に切ります。ワタは薄皮を除いてボウルに入れてほぐし、みりんと合せます。
C @にAを入れて煮立て、酒、砂糖、いかを加えます。紙ぶたをして15分煮ます。
D CにAを加えて15分〜20分煮ます。いかがやわらかくなり、煮汁が半量位になったらBのワタを加え、1〜2分煮て煮汁をからめます。
E 長ねぎは長さを半分にして、白髪ねぎにします。
F 器にDを盛り付け、Eと糸唐辛子を飾ります。
アドバイス(ワンポイント)
@ 大根は米のとぎ汁で茹でる事でえぐ味が取れます。
A いかワタは好みで量を増やしても良いでしょう。
B コチュジャンはメーカーによって味が異なるので、塩加減を見て使いましょう。



■2012年10月 メニュー
いが栗コロッケ
そうめんをつけて揚げ、栗のような形に仕上げます。
材料(4人分)
  じゃがいも 3個(約300g)
  サラダ油  3個(約300g)
  たまねぎ 1/2個 
  牛豚ひき肉 100g 
  塩小さじ 1/3
  塩小さじ 少々
  甘栗 6個
  薄力粉 適量
  適量
  そうめん 100g
  揚げ油 適量
  甘栗(仕上げ用) 12個

準備
@ そうめんは3cm位の長さに折ります。
作り方
@ じゃがいもは皮をむき、4等分に切って茹でます。やわらかくなったら湯を捨てて、再び火にかけて鍋をゆすりながら水分を飛ばし、熱いうちにつぶします。
A フライパンにサラダ油を熱し、みじん切りにしたたまねぎを炒めます。しんなりとしたら牛豚ひき肉を加えてさらに炒めて塩、こしょうをします。
B ボウルに@、A、小角に切った甘栗を加えて混ぜ合わせ、冷まします。
C 12等分にして丸め、薄力粉、卵、そうめんの順につけます。揚げ油を油温度調節機能で180℃に設定して揚げます。
D 揚げ上がったら切り込みを入れ、甘栗を差し込みます。
アドバイス(ワンポイント)
@ じゃがいもは小さく切って茹でると、水っぽく仕上がるので、大きめに切って茹でましょう。時間がある場合には、皮付きのまま、まるごと茹でてもよいでしょう。
A そうめんは刺すようにしてつけるといが栗らしく仕上がります。



■2012年9月 メニュー
新じゃがの煮ころがし
お袋の味が恋しくなったら、この一品がお薦めです。
材料(4人分)
  新じゃがいも(小) 600g
  グレープフルーツ(ホワイト) 1個
  ブルーベリー 12粒
     
  【A】  
  だし汁 2カップ
  大さじ4
  砂糖 大さじ4
  【B】  
  醤油 大さじ2
  みりん 80ml
     
  【C】  
  醤油 大さじ1

作り方
@ 新じゃがいもはたわしでこすってよく洗います。
A 鍋に@とAを入れ、落としぶたをして10分煮ます。
B Bを加え、落としぶたをしてさらに煮ます。
C 新じゃがいもがやわらかくなったら落としぶたをとってCを加え、鍋をゆすりながら煮含めてツヤを出します。
アドバイス(ワンポイント)
@ 新じゃがいもは皮が薄くてやわらかいので、皮ごと食べられます。
大きい場合は2〜4等分に切って使いましょう。



■2012年8月 メニュー
ローズマリーカクテル
白ワインをローズマリーで香りづけし、オレンジ、グレープフルーツと合わせた爽やかなデザートです。
材料(4人分)
  オレンジ 1個
  グレープフルーツ(ホワイト) 1個
  ブルーベリー 12粒
     
     
     
  【A】  
  白ワイン 1カップ
  グラニュー糖 40g
     
  ローズマリー(飾り用) 適宜適宜
     

作り方
@ オレンジとグレープフルーツはセクションカットにします。残りの果実を絞って果汁を取り出します。
A 鍋にAを入れて火にかけます。沸騰したらローズマリーを取り出し、果汁を合わせて冷やします。
B グラスにオレンジ、グレープフルーツの果肉を入れ、Aを注いでブルーベリーとローズマリーを飾ります。

アドバイス(ワンポイント)
@ セクションカットとは1房ずつ果肉を取り出す切り方のことで、ポイントは薄皮が残らないように厚めに皮をむくことです。
A グレープフルーツはホワイトを使うことでオレンジとの色のコントラストがきれいに仕上がります。
B ブルーベリーの他にラズベリーを使っても美味しくできます。
C 好みでスパークリングワインを加えても良いでしょう。



■2012年7 月 メニュー
胡麻味噌つけめん
香ばしい胡麻味噌と青じそが食欲をそそります。冷たいご飯にかけてもおいしいつけだれです。
材料(4人分)
  【A】
  信州味噌 120g
  練りごま(白) 大さじ1
  粉がつお 大さじ1と1/2
  砂糖 大さじ1
  すりごま(白) 大さじ2
  300ml
  青じそ 10枚
  みょうが 2個
  きゅうり 1本
  そうめん 400g
     

作り方
@ 胡麻味噌を作ります。
ボウルにAの材料をいれてよく混ぜ、アルミホイル(20×10cm)に5mm位の厚さにのばして表面が乾く位まで焼きます。
【両面焼きグリル 上・下強火 約3分】
【片面焼きグリルの場合 強火約4分】
焼き上がったらボウルに入れて水を少しずつ加えてのばし、冷やします。
A 青じそ、みょうがはせん切りにして水にさらして水気をきり、きゅうりは小角に切り ます。
B 鍋にたっぷりの湯を沸かしてそうめんを茹で、水にとり、よく洗い水気をきります。
C 器にBを盛り、Aを添え、@のたれでいただきます。

アドバイス(ワンポイント)
@ 胡麻味噌をのばす時は厚すぎると香りが出ず、薄すぎても焦げついてしまいます。
A 味噌は種類によって塩分が変わります。砂糖、水の量を加減して作りましょう。



■2012年 6月 メニュー
ヤム・ヌア(牛肉のサラダ)
ヤムは和える、ヌアは牛肉を意味し、タイの代表的なサラダです。
グリルで焼いたローストビーフと生野菜をエスニック風の調味料で和えて作ります。
材料(4人分)
  牛もも肉
(3cm厚さ)
250g
   
  【A】
  ナンプラー 大さじ1/2
  こしょう(黒) 少々
     
  パプリカ(赤) 1個
  きゅうり 1本
  セロリ 1/2本
  紫たまねぎ 1/2
  葉野菜 適量
  【B】  
  レモン汁 大さじ2
  ナムプラー 大さじ2
  砂糖 大さじ1/2
  にんにく(すりおろし) 小さじ1/2
  赤唐辛子(輪切り) 2本
  パクチーの茎
(みじん切り)
1株分
     
  パクチー(葉) 1株分
     

作り方
@牛もも肉はAで下味をつけ、パプリカは半分に切りヘタと種を取ってグリルで焼きます。
【両面焼きグリル 上・下強火 約8分】
パプリカは取り出してせん切りにします。
牛もも肉は庫内に約5分入れておいてから取り出し、ホイルに包んで冷まし、肉汁を落ち着かせます。 →photo2
A きゅうり、セロリは縦半分に切って斜め薄切り、紫たまねぎは薄切り、葉野菜は食べやすい大きさにちぎります。
B ボウルにBを合わせて半量で@、A、パクチーを入れてよく和えます。
彩りよく器に盛りつけ好みで残りのBをかけます。
アドバイス(ワンポイント)
@ 両面焼きグリルは小さなオーブン代わりにもなり、ローストビーフも作れます。
A パクチーは1株約15gを使用しました。
B 牛肉は焼けたら中心に金串を刺し、唇に当てて温度を確認します。金串が温かくなり、肉に弾力がでれば焼き上がりです。




photo2
■2012年 5月 メニュー
鰹の刺身(利休だれ・中国風だれ)
材料(6人分)
  鰹(刺身用) 2サク(約500g)
  青じそ 6枚
  みょうがたけ 4本
  かいわれ菜 1/2パック
     
  【中国風だれ】  
  醤油 大さじ3
  大さじ3
  八角 1片
  ごま油 小さじ1
  【利休だれ】  
  すりごま(白) 大さじ2
  味噌 大さじ1/2
  醤油 大さじ2
  みりん 大さじ1
  長ねぎ(みじん切り) 大さじ2
  しょうが(すりおろし) 大さじ1
     
     
     
作り方
@ 鰹1サクは皮目を下にして金串を打ちます。直火であぶって氷水に取り、金串をはずします。水気をふき取り7〜8mm厚さの平作りにします。
A もう1サクは皮をひいて7〜8mm厚さの平作りにします。
B みょうがたけは斜めに細く切り、水にさらして水気をきります。
C 利休だれは材料を合わせます。中国風だれは醤油、酒、八角を鍋にいれ火にかけ、ひと煮立ちさせます。火を止めてごま油を加えます。
D @、A、B、青じそ、かいわれ菜を器に盛り、好みのたれでいただきます。


■2012年 4月 メニュー
桜花クリームあんみつ
材料(4人分:13.5×15×4cm流し缶)
  【桜寒天】  
  桜の花(塩漬け) 20本
  粉寒天 4g
  500ml
  砂糖 大さじ1
     
     
  【イチゴ白玉】  
  白玉粉 50g
  砂糖 大さじ1
  いちご 約40g
  粒あん 100g
  抹茶アイス 120g
  白みつ 適宜
作り方
@ 桜の花はサッと洗い、水につけて塩抜きをします。花びらを摘んで水気を絞り、みじん切りにします。
A 鍋に分量の水と粉寒天を入れて火にかけ、混ぜながら1〜2分沸騰させて粉寒天を溶かします。
B 砂糖を加えて溶かし、火を止めて粗熱を取ります。@を加えて混ぜ、濡らした流し缶(なければ平らな容器)に流し入れ、冷やし固めます。
C いちごをみじん切りにします。
D ボウルに白玉粉と砂糖を入れて混ぜ、Cを少しずつ加えながら耳たぶ位のかたさになるまでこねます。
E Dを12個に丸め、茹でます。浮き上がって1分したら冷水にとります。
F Bの寒天を型から出し、1cm角に切って器に盛り付けます。水気をきったらE、粒あん、抹茶アイスをのせ、好みで白みつをかけます。
アドバイス(ワンポイント)
@ 桜の花の塩漬けは少し塩味を感じる程度に塩抜きをします。塩を抜き過ぎないように味をみて判断しましょう。
A 粉寒天は最初から砂糖を入れて煮ると溶けにくくなるので、粉寒天をよく煮溶かしてから砂糖を入れましょう。
B 白玉粉に加えるイチゴの分量は白玉の固さによって調節し、柔らかくなりすぎたら乾いた布巾に包んで水分をとりましょう。


■2012年 3月 メニュー
華やか手毬寿司
材料(4人分)
  2合
  400ml
  【合わせ酢】  
  砂糖 大さじ3
  小さじ1強
  米酢 60ml
     
  しいたけ 2枚
  にんじん 30g
     
  【A】  
  砂糖 小さじ2
  醤油 小さじ2
  みりん 小さじ2
     
  海老 4尾
  【B】  
  少々
  小さじ1
     
  れんこん(薄切り) 8枚
  小鯛の笹漬け 4枚
  2個
     
  【C】  
  砂糖 大さじ1
  少々
     
  炒りごま 大さじ1
  イクラ 適量
  木の芽 8枚
     
作り方
@ 米は洗ってザルにあげ、分量の水に30分以上つけます。炊き上がったら約10分蒸らします。よく溶かした合わせ酢大さじ1杯を別にとっておき、残りをまわしかけます。切るように混ぜ、うちわであおいでご飯にツヤを出し、すし飯を作ります。
A しいたけは薄切り、にんじんは2pの長さのせん切りにします。アルミホイルにのせてAをかけ、全体をよくからめて包み、グリルで焼きます。
【両面焼きグリル 上・下強火 約7分】
【片面焼きグリルの場合 強火 約15分(アルミホイルの口を開け、途中3〜4回全体を混ぜる)】
B 海老は背わたを取り、アルミホイルにのせてBをかけて包み、グリルで焼きます。
【両面焼きグリル 上・下強火 約5分】
【片面焼きグリルの場合 強火6分 返して約3分(アルミホイルの口をあける)】
焼き上がったら殻をむいて半分にスライスし、合わせ酢小さじ1をからめます。
C れんこんは熱湯で茹でて水気をきり、合わせ酢小さじ1をからめます。小鯛の笹漬けは半分に切り、合わせ酢小さじ1をからめます。
D ボウルに卵を割りほぐし、Cを加えて混ぜます。フライパンを熱して卵液を流し入れ束ね箸でよく混ぜながら炒り卵を作ります。
E @に汁気を切ったA、炒り胡麻を加えて混ぜ、16等分に丸めます。ラップにれんこん1枚、炒り卵1/8量をのせ、すし飯1個をのせて丸く形をととのえ、ラップをはずしイクラを飾ります。同じように計8個作ります。
F ラップに海老、小鯛の笹漬けをのせてすし飯1個をのせて丸く形をととのえ、ラップをはずし木の芽を飾ります。同様に計8個作ります。
アドバイス(ワンポイント)
@ れんこんは4〜5cm長さに切り、穴と穴の間に浅く切り込みを入れ、穴の丸みに沿ってむきあげる花れんこんにしました。切り方が厚いとラップを取ったときに、すし飯と密着せずにはがれてしまいます。出来るだけ薄く切りましょう。
A ご飯は蒸らしすぎると合わせ酢を吸いにくくなるので、いつもより短めにしましょう。


■2012年 2月 メニュー
金目鯛と舞茸の昆布巻き
材料(4人分)
  昆布 2枚(20p)
  金目鯛 4切れ(1切れ約60g)
  小さじ1/3
  大さじ1
  舞茸 100g
  サラダ油 大さじ1
  絹さや(塩茹でしたもの) 12枚
  少々
  ポン酢醤油 適量
  アルミホイル(25×25p) 4枚
     
     
作り方
@ 昆布はサッとふき、ひたひたの水で柔らかく戻して水気を軽くふきます。
A 金目鯛は塩をして少しおき、水気をふいて昆布ではさみ昆布じめにします(約30分)。
→photo2
B 金目鯛の皮目に切り込みを入れて酒をふります。舞茸は小房に分け、塩をふってサラダ油をからめます。
C アルミホイルで船形の器を作ります。サッと洗った昆布を器に合わせて切って敷き込み、Bを入れてグリルで焼きます。
【両面焼きグリル 強火約7分】
→photo3
D 焼き上がったら絹さやを添え、ポン酢醤油をかけていただきます。
アドバイス(ワンポイント)
@ 昆布は戻しすぎると水に旨みが出てしまうので、昆布が広がる位になったら使います(約15分)。
A 船形はアルミホイルを半分に折り、口になる方を両側とも内側に1cm幅に3回折ります。両端も1cm幅に3回折り、口を広げ形を整えます。




photo2

photo3

■2012年 1月 メニュー
ゆり根の茶巾絞り
材料(12個分)
  ゆり根 正味200g
  大和芋 正味50g
  砂糖 70g
  ひとつまみ
  食用色素(赤) 適量
  抹茶 適量
作り方
@ ゆり根は、1枚ずつはがして汚れを取り除きます。
A 大和芋は5mm厚さにし、しばらく水にさらしてから@と共にやわらかく茹で、裏漉しします。
B Aが熱いうちに砂糖、塩を入れて火にかけ練り合わせます。
C Bの約1/3量を取り、さらに半分にして食用色素で薄いピンク色と抹茶で緑色をそれぞれ作ります。
D 残りのBを12等分にし、Cと組み合わせ、固く絞った布巾で茶巾形にととのえます。

■2011年 12月 メニュー
クリスマスキャンドルケーキ
材料(4個分:8×3×3.5cm 紙ミニパウンド型)
  2個
  薄力粉 50g
  砂糖 50g
  牛乳 大さじ1
  バニラエッセンス 少々
  生クリーム 200ml
  コンデンスミルク 50g
  グラニュー糖 大さじ1
  大さじ2
  リキュール 小さじ1
  モンキーバナナ 6本
  イチゴ 6粒
     
     
作り方
@ スポンジを作ります。ボウルに卵白を入れて泡立て、砂糖を2〜3回に分けて加えながらしっかりと泡立てます。卵黄とバニラエッセンスを加えて混ぜます。
A 薄力粉をふるい入れて混ぜ、牛乳を加えて混ぜます。型紙を敷いたオーブン皿に流し、表面を平らにして焼きます。
【ガス高速オーブン(予熱あり) 180℃ 約10分】
B シロップを作ります。鍋にグラニュー糖と水を入れて火にかけ、グラニュー糖が溶けたら火を止めます。冷めたらリキュールを加えます。
C ミルククリームを作ります。生クリームとコンデンスミルクを半量ずつそれぞれをボウルに合わせます。巻き込み用は9分立て、飾り用は半量を6分立て、もう半量は7〜8分立てにします。
D 仕上げます。スポンジを横長におき、縦半分に切ります。
E DにハケでBを含ませ、巻き込み用のクリームの半量を塗り、モンキーバナナを並べて巻きます。(もう1本も同様に作ります。)
F Eを3等分に切り、飾り用の7〜8分立てにしたクリームを表面に塗り、6分立てのクリームをとろりとかけてイチゴをのせ、キャンドルの形に仕上げます。
アドバイス(ワンポイント)
ミルククリームは使う場所によってかたさを変えて使います。巻き込み用はかためにしないと、巻いた時に横から出てしまいます。また、まわりに塗るクリームはかたすぎると、塗っている間に分離しやすくなるので、気をつけましょう。


■2011年 11月 メニュー
キノコたっぷり牛肉のグリル
材料(4人分)
  牛モモ肉(ステーキ用) 2枚(1枚約200g)
  小さじ2/3
  コショウ(黒) 少々
  ニンニク 1粒
  タマネギ 1/4個
  マッシュルーム 1パック(約100g)
  エリンギ 1パック(約100g)
  バター 大さじ1と1/2
  適量
  コショウ(黒) 少々
  パセリ(みじん切り) 大さじ1
  卵黄 2個
  生クリーム 大さじ1
  バルサミコ酢 50ml
  ベビーリーフ 適量
     
作り方
@ 牛モモ肉に塩、コショウをして焼きます。
【両面焼きグリル 予熱2分 強火約5分】
【片面焼きグリルの場合 予熱5分 強火2分 返して強火約2分】
A ニンニクはみじん切り、タマネギ、マッシュルーム、エリンギは粗みじん切りにします。フライパンにバターの半量を熱し、ニンニク、タマネギを炒めます。しんなりしてきたら残りのバターを加え、キノコ類を加えて強火で炒めて塩、コショウをします。
B Aにパセリ、卵黄、生クリームを加えて混ぜます。@の表面に塗り広げ、表面がキツネ色になるまで焼きます。
【両面焼きグリル 強火約5分】
【片面焼きグリルの場合 強火約5分】
C バルサミコ酢を鍋で半量になる位まで煮詰め、ソースにします。
D Bを切り、ベビーリーフと共に皿に盛りつけ、ソースをかけます。
アドバイス(ワンポイント)
牛モモ肉は室温に戻しておきます。冷えていたり、厚みが違うと焼き時間が変わるので調節しましょう。今回使用した牛モモ肉は厚さ約1.5cmです。


■2011年 10月 メニュー
リッチマロンケーキ
ピピッとコンロを活用して、ケーキを作ってみましょう。
材料(4個分:8×3×3.5cm 紙ミニパウンド型)
  バター(食塩不使用) 60g
  砂糖 30g
  60g
  砂糖 30g
  薄力粉 60g
  マロンクリーム 60g
  栗の渋皮煮 6個
  ラム酒 適量
作り方
@ 栗の渋皮煮は半分に切ります。
A 室温に戻したバターをボウルに入れ、クリーム状にします。砂糖を数回に分けて加え、すり混ぜます。
B 別のボウルに卵を入れ、溶きほぐします。砂糖を加え、もったりとするまで泡立てます。
C AにBを2回に分けて加え、混ぜます。
D マロンクリームを加え、混ぜ合わせます。
E 薄力粉をふるい入れ、粉気がなくなるまで混ぜ合わせます。
F 型に生地を半量入れ、@を3切れずつ並べます。残りの生地を等分に流し入れます。
G ダッチオーブンに入れてふたをして加熱します。
【ダッチオーブン調理 加熱15分 余熱約15分】
(HR-P873-SULの場合 加熱13分 余熱約15分)
H 余熱時間が終了したら、取り出して表面にラム酒を塗ります。
アドバイス(ワンポイント)
ダッチオーブンの加熱方法(オーブン調理)
グリルを点火し、オーブン調理を選択してタイマーを設定します。消火後はそのままグリルの中におきます(余熱)。ダッチオーブンは加熱後かなり熱くなるので注意してください。ミニパウンド型は紙製を使用しました。型の素材によって火の通り方が違うので時間を調節してください。




■2011年 9月 メニュー
グラハムと木の実のパン
材料(2個分)
  【A】  
  強力粉 240g
  全粒粉 60g
  インスタントドライイースト 6g
  砂糖 24g
  6g
     
  ぬるま湯 195g
  ショートニング 15g
  【B】  
  クルミ(ロースト) 45g
  イチジク(ドライ) 60g
  レーズン 45g
     
  全粒粉 適量
     
     
     
準備
クルミは粗く砕き、イチジクは1cm角に切ります。
作り方
@ ボウルにAを混ぜ合わせ、ぬるま湯を加えて混ぜます。ひとまとまりになったらショートニングを入れてなめらかになるまでこねます。
A Bを加えて混ぜ合わせ、ボウルに入れてラップをし、一次発酵させます。(約40分)
B 生地が約2倍になったら2等分にし、丸めてベンチタイムをとります。(約15分)
C 麺棒で約20cm×15cmにのばし、3つ折にして閉じ目を閉じます。形をととのえたら、オーブンシートを敷いたオーブン皿に閉じ目を下にしてのせ、成形発酵をさせます。(約20分)
D Bの表面にハケで水(分量外)を塗り、全粒粉をふってオーブンで焼きます。
【ガス高速オーブン(予熱なし)210℃ 約10分 → 180℃ 約15分】

■2011年 8月 メニュー
グリルチキンと夏野菜のスープカレー
材料(4人分)
  *カレースープ*  
  ショウガ 1片
  ニンニク 1片
  タマネギ 300g
  セロリ 1/2本(約50g)
  サラダ油 1/4カップ
  ニンジン 1本
  小さじ1/2
  【A】  
  トマトジュース
(食塩不使用)
2缶(320ml)
  砂糖 小さじ1
  5カップ
  ブイヨン(固形) 2個
  ローリエ 1枚
     
  カレー粉 15g
  【B】  
  ウスターソース 小さじ2
  ガラムマサラ 小さじ2
  小さじ1/2
  *トッピング*  
  ナス 3本
  カボチャ 150g
  オクラ 12本
  鶏モモ肉 1と1/2枚
  小さじ1/2
  コショウ 適量
     
  揚げ油 適量
  ご飯 適量
     
     
作り方
@ カレースープを作ります。ショウガ、ニンニクはみじん切りにし、タマネギ、セロリは薄切りにします。ニンジンは皮をむいて縦半分に切ります。
A 鍋を熱してサラダ油を入れ、ショウガ、ニンニクを加えて弱火にかけ、香りが出たらタマネギ、セロリ、塩を加えて中火でしんなりするまで炒めます。
B ニンジン、Aを加えて煮立ったら中火で20分程煮ます。ニンジンがやわらかくなったらローリエと共に取り出し、残りをミキサーにかけます。
C 乾いた鍋にカレー粉を入れて火にかけ、弱火で炒ります。香りが出たらBを少しずつ加えて混ぜます。Bを加えて濃度を調節し、味をととのえます。
D トッピングを作ります。ナスはヘタを取って縦半分に切り、皮に格子模様の切り込みを入れます。カボチャは5mm厚さに切り、オクラは切り込みを入れます。揚げ油を油温度調節機能で180℃に設定して揚げます。
E 鶏モモ肉は余分な脂を取り除いて6等分に切り、塩、コショウをしてグリルで焼きます。
【両面焼きグリル 上・下強火 約10分】
【片面焼きグリルの場合 予熱5分 強火6分 返して約4分】
F 器に温めたカレースープを注ぎ、縦3等分に切ったニンジン、D、Eをのせてご飯を添えます。

■2011年 7月 メニュー
七夕そうめん 〜ごま味噌風味〜
材料(4人分)
  【A】  
  信州味噌 120g
  練りゴマ(白) 大さじ1
  粉ガツオ 大さじ1と1/2
  砂糖 大さじ1
  すりゴマ(白) 大さじ2
     
  300ml
  鶏ササミ 2本
  少々
  小さじ1
  オクラ 4本
  ミョウガ 2本
  キュウリ 1本
  そうめん 400g
     
作り方
@ ごま味噌づゆを作ります。
ボウルにAの材料を入れてよく混ぜます。アルミホイルに5mm厚さに伸ばして
表面が乾く位まで焼きます。
【両面焼きグリル 上・下強火 約3分】
【片面焼きグリルの場合 強火 約4分】
焼き上がったらごま味噌をボウルに入れ、水を少しずつ加えて溶きのばし、
冷やします。
A 鶏ササミは塩と酒をふってアルミホイルに包んで焼きます。
【両面焼きグリル 上・下強火 約10分】
【片面焼きグリルの場合 強火5分 返して約5分(アルミホイルの口を開けたまま)】
焼き上がったら、食べやすい大きさにさきます。
B オクラはサッと茹でて3〜4mm幅の小口切りにします。ミョウガはせん切りにして
水にさらし、水気を切ります。キュウリはせん切りにします。
C 鍋にたっぷりの湯を沸かし、そうめんの端を糸で結んで茹でます。水に取り、よく
洗って水気をきります。
D そうめんの糸で結んだかたい所を切り落として器に盛り、オクラを散らします。
鶏ササミ、ミョウガ、キュウリを別皿に盛りつけます。@のごま味噌づゆを添えていただきます。
ワンポイント
そうめんを結んで茹でるときれいにそろえて盛りつけられ、より一層「天の川」らしさを演出できます。

■2011年 6月 メニュー
揚げ野菜のマリネ
材料(6人分)
  タマネギ 小1個
  ズッキーニ 1本
  ナス 2本
  赤ピーマン 1/2個
  かぼちゃ 1/6個
  ミニトマト 6個
     
  バルサミコ酢 適宜
  イタリアンパセリ 適宜
  揚げ油 適宜
  【A】
  ニンニク(みじん切り) 1片分
  アンチョビ(みじん切り) 10枚
  ケイパー 大さじ2
  小さじ2/3
  砂糖 小さじ2
  コショウ 少々
  レモン汁 大さじ3
  オリーブ油 大さじ3
     
作り方
@ タマネギ、ズッキーニ、ナス、赤ピーマン、かぼちゃはひと口大の乱切りにし、
揚げ上がったら軽く塩をふります。
【油温度調節機能使用 180℃】
A ミニトマトは半分に切ります。
B Aを合わせてマリネ液を作り、@・Aを熱いうちに漬け込みます。
C 器にサラダ油をひき、よく冷やしたBを盛り付けます。
ワンポイント
温度を設定することで、温度が高すぎたり低すぎたりせずにムラなく
揚げられます。
バルサミコ酢は、果実酢の一種でブドウを熟成させたものです。独特の香りと甘みがあるので、サラダやデザートにも使われる調味料です。
また、弱火で煮詰めてローストビーフなどのソースにも最適です。

■2011年 5月 メニュー
グリルdeチーズケーキ〜オレンジ風味〜
材料(8本分)
  グラハムクラッカー 70g
  バター(食塩不使用) 50g
  クリームチーズ 250g
  グラニュー糖 50g
     
  卵黄 1個
  【A】
  オレンジピール(刻む) 50g
  コアントロー 大さじ2
  薄力粉 10g
作り方
@ 厚紙で型を作ります。底面17cm×13cm、高さ3cmの平らな器を作り、全体をアルミホイルで覆います。
A ビニール袋にグラハムクラッカーを入れ、細かく砕きます。溶かしバターを加えてよくもみ込み、バターをなじませます。
B @にAを敷き詰めます。
C ボウルにクリームチーズを入れてやわらかくし、グラニュー糖を加えて泡だて器ですり混ぜます。卵黄、Aを加えてさらに良く混ぜます。
D Cに薄力粉をふるい入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜます。
E Bの上にDを流して平らにならし、予熱を上げたグリルで焼きます。
【両面水なしグリル使用 弱火6分 アルミホイルをかぶせて約7分 庫内で保温5分】
F 焼きあがったら冷蔵庫で冷やし、細長く切ります。
ワンポイント
オレンジピール以外にもドライフルーツなど入れても美味しく仕上がります。
簡単に出来るチーズケーキなので、お子様のおやつやお客様がいらした時にも最適です。

■2011年 4月 メニュー
ダッチオーブンdeポトフ
材料
  鶏もも肉 1枚
  小さじ1/2
  コショウ 少々
  ジャガイモ 400g
  タマネギ 1個
  プチトマト 8個
  アスパラガス 4本
  【A】
  1カップ
  チキンコンソメ 1個
  砂糖 小さじ1
  コショウ 適宜
  タイム 2枝
     
作り方
@ 鶏肉はひと口大に切り、塩コショウで下味をつけます。
A ジャガイモ、タマネギはひと口大に切り、プチトマトはヘタを取ります。
B ダッチオーブンに@とAの材料を入れ、Aを加えて煮ます。
【ダッチオーブン機能使用 加熱約15分 余熱約15分】
C アスパラガスはひと口大に切り、加熱終了時に鍋に加え、余熱で火を通します。
ワンポイント
ガスコンロのグリルの中に入れて加熱と余熱だけで調理できる、簡単オーブン料理が楽しめます。和洋中のメニュー、パンからお菓子まで作れる万能道具です。

*ダッチオーブンとは・・・アウトドアでおなじみの鋳鉄鍋。
ガスコンロの両面水なしグリルを組み合わせることで、本格的なオーブン料理をコンロで手軽に楽しめることができます。素材の水分を活かして調理するので、旨味が逃げず、美味しく仕上がります。

■2011年 3月 メニュー
彩りピラフ
材料(6人分)
  2カップ
  ハム 80g
  タマネギ 80g
  ニンジン 50g
  スイートコーン 70g
  グリーンピース 70g
  【A】
  400ml
  チキンコンソメ 1個
  小さじ1
  コショウ 少々
  バター 15g
作り方
@ 米を洗ってザルに入れ、水気を切っておきます。
A ハム、タマネギ、ニンジンは粗みじん切りにします。
B 鍋に@とA、スイートコーン、グリーンピースを入れ、Aを加え炊きます。
【自動炊飯機能使用・ごはんモード】
ワンポイント
自動炊飯機能を使うと、コンロが火加減を自動で調整するので便利です。
他に、しめじや舞茸など色々な食材を入れても美味しく炊き上がります。
   

■2011年 2月 メニュー
ローズケーキ
材料(5cmのローズ型・8個分)
  チョコレート 100g
  バター(食塩不使用) 80g
  グラニュー糖 30g
  2個
  薄力粉 30g
  ココア 大さじ1
  グランマニエ 大さじ1
  *アングレーズソース*
  卵黄 2個
  グラニュー糖 40g
  バニラビーンズ 40g
  牛乳 170ml
     
     
作り方
@ バターと刻んだチョコレートを合わせた湯せんで溶かします。
A 卵にグラニュー糖を加えて良く混ぜ、@を加えて更に良く混ぜます。
B 薄力粉とココアは合わせてふるっておきます。
C AにBを加えて、軽く混ぜ合わせます。
D Cにグランマニエを加え、型に流し入れます。
E 予熱を上げたオーブンで焼きます。
【ガス高速オーブン 180℃ 約10分】
F アングレーズソースを作ります。
ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、白っぽくなるまですり混ぜます。
温めた牛乳とバニラビーンズを加え混ぜ、鍋を戻します。
火にかけてトロリとしてきたら火を止めます。
G 焼きあがったEにFのソースを添えて供します。
ワンポイント
アングレーズソースを混ぜ合わせる際はダマにならないように気を付けましょう。
ローズの型ですが、ご自宅にある型でも作れます。バレンタインのプレゼントとしていかがでしょうか。

   

■2011年 1月 メニュー
揚げナスのニンニクソースがけ
材料(4人分)
  ナス 4本
  長ネギ 1本
  サラダ油 適宜
  香菜 適宜
     
     
     
  【A】
  赤唐辛子(小口切り) 1本
  ニンニク(すりおろし) 1片
  砂糖 大さじ1
  大さじ1
  醤油 大さじ1
  ゴマ油 大さじ1
作り方
@ ナスは1.5cmの輪切りにします。長ネギは千切りにします。
A サラダ油を160℃に熱し、長ネギを揚げます。
【油温度調節機能使用 160℃】
B サラダ油を190℃に上げて、ナスも揚げます。
【油温度調節機能使用 190℃】
C ナスが熱いうちに皿に盛り付け、合わせたAをかけてAと香菜を飾ります。
ワンポイント
ナスを高温で揚げることにより、カラっと揚がり油っぽさが少なくなります。
少ない材料で味もしっかり、簡単に出来上がるので忙しい時間にもぴったりです。

   

■2010年 12月 メニュー
クレープ・シュゼット〜オレンジソース添え〜
材料(4人分)
*クレープ生地*  
  【A】  
  薄力粉 100g
  グラニュー糖 15g
  ひとつまみ
  1個
  牛乳 200ml
     
  バター(食塩不使用) 20g
     
     
*オレンジバター* 4本
  バター(食塩不使用) 1本
  グラニュー糖 適宜
  オレンジの皮(すりおろし) 適宜
     
*オレンジソース*  
  オレンジ果汁+ジュース 200ml
  生クリーム 大さじ2
  オレンジの皮(千切り) 1個分
  オレンジの果肉 1/2個分
  オレンジのリキュール 50ml
作り方
*クレープ生地*
@ボウルにAを入れ、泡だて器でよく混ぜます。
Aバターを鍋に入れて火にかけ、焦がし@に加えます。30分程度休ませます。
Bフライパンを熱し、Aに生地でクレープ4枚を焼きます。
【油温度調節機能使用 180〜190℃】
*オレンジバター*
Cバターをクリーム状にし、砂糖、オレンジ皮を加え混ぜます。
D半量をクレープに塗り、残りは仕上げ用に取っておきます。
*仕上げ*
Eフライパンにオレンジバターの残りを熱し、オレンジ果汁とオレンジジュース、生クリームを加えます。
F煮立ったらクレープを並べ、オレンジの皮と果肉を散らします。
GFにリキュールをかけ、フランベします。
H器にGのクレープを盛り、ソースを煮詰めて上にかけます。
ワンポイント
オレンジソースは、ホットケーキなどにかけても美味しく食べられます。
オレンジ果汁・オレンジリキュールの代わりに全てオレンジジュースでも
代用できます。
(※風味は若干変わります)

   

■2010年 10月 メニュー
チキンとトマトの重ね煮
材料(6人分)
  鶏もも肉 3枚
  トマト 2個
  タマネギ 2個
  モロッコいんげん 100g
  ローズマリー 2枝
  100ml
  チキンコンソメ 1/2個
  少々
  黒コショウ 少々
     
作り方
@ 鶏もも肉は食べやすい大きさに切り、塩・コショウをします。
A トマトは皮を湯むきにし、横半分にして種をとり、1.5cm角に切ります。
タマネギは縦半分にして、1cm厚さに切り、モロッコいんげんは、筋をとって食べやすく切っておきます。
B 鍋にタマネギの1/3量を並べ、その上に1/2量の鶏肉、1/2量のトマトを重ね、さらにタマネギ・鶏肉・トマト・タマネギと重ねます。
C Bに水、チキンコンソメ、ローズマリーを加えて火にかけます。
煮立ってきたら、中火にして煮ます。
【タイマー機能使用 15分設定】
途中でモロッコいんげんを加えます。
D 鶏肉に火が通ったら、塩、コショウで味を調えます。
ワンポイント
ローズマリーを入れることで香りもよく、肉の臭みも取れるので今回のような
肉料理に最適な食材です。
また、お使いのコンロに「タイマー機能」がついていると安心便利に料理ができます。

   

■2010年 9月 メニュー
そば粉のガレット 〜クリームチーズ&サーモン〜
材料(4人分)
  【A】  
  そば粉 60g
  薄力粉 60g
  【B】  
  1個
  200ml
  少々
     
  サラダ油 適宜
     
     
  クリームチーズ 40g
  【C】  
  レモン汁 小さじ2
  黒コショウ(あらびき) 小さじ1/4
  少々
     
  スモークサーモン 60g
  イクラ 20g
  ケイパー 10g
  タマネギ(みじん切り) 大さじ2
  セルフィーユ 適宜
作り方
@ ボウルにAをふるい入れ、合わせたBを少しずつ加え、泡だて器で混ぜます。
A 190℃に熱したフライパンに薄く油を引き、@を流し入れて、直径25cm位に
生地を広げ、焼き色がついたら裏返し、両面焼きます。同様に4枚焼きます。
【油温度調節機能 190℃】
B ボウルにクリームチーズを入れて、やわらかくし、Cを加え良く混ぜます。
C AにBを塗り、スモークサーモンをのせ、イクラ・ケイパー・タマネギ・
セルフィーユを飾り、包みます。
ワンポイント
今回は魚介類でしたが、目玉焼きや生ハムやソーセージなどの肉、チーズ、またはサラダなども色々な具材の組み合わせで食べられるオススメのメニューです。他にもシナモンとアイス、はちみつなど、デザートとしても食べられます。

   

■2010年 8月 メニュー
クレーム・ブリュレ 〜紅茶風味〜
材料(4人分)
  【A】  
  紅茶 大さじ3
  熱湯 100ml
     
  卵黄 3個
  グラニュー糖 適量
  【B】  
  牛乳 50ml
  生クリーム 200ml
  グラニュー糖 30g
     
     
作り方
@ 鍋に水を沸騰させ、紅茶を加えたら火を止めて蓋をして3分ほど蒸らします。
茶漉しでこして、50ml取ります。
A 別の鍋にBと@を合わせ沸騰直前まで温めます。
B ボウルに卵黄を入れ、Aを少しずつ加え良く混ぜます。
C Bを漉して、ココット型に流し、深めのバットに並べて水を張り、
アルミ箔を2重にしてバットを覆います。
D 予熱を上げたグリルにCを入れて蒸し焼きにします。
両面焼きグリル 予熱2分 強火8分 庫内で保温5分
E Dを冷蔵庫でよく冷やし、表面にグラニュー糖をかけて焦がします。
ワンポイント
紅茶を入れなければ、通常のクレーム・ブリュレにもなります。